A Cat Daydream

猫との日々、書評、映画評、プログラミング、etc…

柚月裕子『孤狼の血』感想

映画化で話題になっていたので、原作を読んでみた。

あらすじ

昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことに。飢えた狼のごとく強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて金融会社社員失踪事件を皮切りに、暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。

(「BOOK」データベースより)

感想

仁義なき戦い』の功罪だろうが、広島という土地と任侠ものはよく似合う。柚月裕子という人は初めて知ったが、女性作家で血なまぐさいヤクザ抗争を描いたのに驚く。

柚月裕子横山秀夫を尊敬しているそうで、どことなく小説のスタイルも似通っている。出てくる登場人物がみんな人情に厚く、仕事に熱く、季節も夏で本当に暑苦しい。ただ横山秀夫ほどくどくなく、ややマイルドにした感じ。

失踪事件の捜査からヤクザ抗争に発展するストーリー展開は筆致が冴えていて、グイグイ読ませる。大上のヤクザへの対処、チンピラの追い込み方も実に悪どくて逆に痛快に感じる。

とはいっても部下の日岡の目を通して捜査過程が描かれるためか、きわどいシーンは直接的には描かれず、ヤクザものにありがちなドギツさを期待すると少し物足りない。また大上が一人でヤクザと話を付けるのは、スーパーマン過ぎる嫌いがある。

日岡に関しては作中ずっと狂言回しだが、最後に意外な役割だったことが判明して驚く。この役割を生かしてもう少し大上と絡めてドラマにして欲しかった。日岡を主人公にした続編『凶犬の眼』はすでに出ているらしい。こちらも読んでみたいが、まずは映画を観よう。大上は役所広司が演じているが、小説のイメージだとイマイチしっくりこない。五十子会の会長が石橋蓮司なのはピッタリ。外道なヤクザが本当に似合う。(褒め言葉)

孤狼の血 (角川文庫)

孤狼の血 (角川文庫)